不用品回収できる種類

不用品回収業者には引き取ることができない種類を定めている業者もあるため、オフィシャルサイトなどで確認をするべきです。

家電リサイクル法で定められている製品や、古すぎるもの、高額な美術品などは取り扱いしていないところも多いため注意が必要です。

東京新聞の総合案内サイトです。

家の中に置いたままになっている家電製品も、故障して稼働しないものは引き取らないところもあって、そのような業者はリサイクルして販売を行うところが多く、分解して部品を取るような業者であれば壊れていても引き取ってもらえます。
家具なども古いと売れる可能性が低くなり、リペア技術を持っていたり、引取先を保有している不用品回収業者でなければ断られる可能性があります。

高額買取が期待できるものはこちらからお金を払って引き取ってもらうよりも、高額買取を行っている店舗に依頼して引き取ってもらったほうが断然お得になります。

不用品回収を行ったあと、焼却処分場や最終処分場に運搬している業者を利用するときも、エコに配慮しているかを比較し、なるべくゴミを出さないようにリデュースを積極的に推進している業者に依頼したほうが、環境を守れるだけでなく無駄を少なくできます。



引っ越しやリフォームに合わせて引取に来て欲しい場合は、早めに連絡を行って日程調整をしてもらうべきです。遅れてしまうと、その後の作業にも影響がでてしまうこともあるためです。

便利な世田谷区の不用品回収の最新情報を公開しています。

業者に依頼するときには、廃棄物処分や不用品回収の許可を得て行っているか確かめて、不法行為を行っているところに頼まないようにしましょう。